乳化剤ソルブ

乳化剤 ソルブについて

ソルブは精油を水分に溶かすための乳化剤です
精油を最大20%まで希釈できます。

生産国:スイス

精油は油分なので水分には溶けません。
なので精油をそのままお風呂に入れたり、
芳香蒸留水に入れたりすると精油の油分が
水分に浮くことになります。
ソルブは精油を水分に綺麗に溶かすための乳化剤です。
内服用にもお使いいただけます

 

 

 

 

写真は左ソルブ100ml
右ソルブ10ml
(精油の瓶と同じ大きさです)

 

 

 

 

 

 

●成分
ソルブはアルコールフリーであり、
アプリコットカーネル由来の乳化剤です。
(香りはほぼ無臭)
アプリコットカーネルオイルは恋香房でも人気ですから
アプリコットカーネル由来というだけで、
なんだか親近感がわきます。

以前ディスペールという乳化剤がありましたが、
ソルブの方が滑らかに精油と水分が溶けあう感じがします
アロマテラピー講座の生徒さんの間でもとても評判がいいです

●こんな時に使います

・化粧水作り 
芳香蒸留水に精油を入れて使いたい時にソルブを使います
綺麗に溶け、香り立ちもよくなります

・お風呂に
お風呂に精油を入れてアロマバスを楽しみたい時に
ソルブを使うと精油の油分が浮いてツブツブにならずに
綺麗に溶けますので、お肌が弱い方にはおすすめです。

・精油の内服に
食品添加物の精油を飲み物に入れて飲用する時に
ソルブを入れると綺麗に溶けます。

 

 

 

【ソルブの目的】

フランスの薬剤師や
マッサージセラピストの要望によって、
フランスで開発され、油成分なので水に溶けない

「精油を、水に溶かすための目的」で作られました

(*キャリアオイルを水分に乳化させるものとは違います)

 

【ソルブを使用する利点】

精油を乳化する事により、
精油が肌や粘膜に直接触れず、危険性を極力減らせます。
身体との親和性はとても優れています。

さらに精油の劣化を防ぎ、効き目を長持ちさせるという特徴を持ちます。
よく質問を受ける「化粧水作り」には、ソルブが必須アイテムです。

 

 

【使用の目安】

最大20%まで希釈して使用できます。
1滴の精油に対して9滴のソルブが一番綺麗に
溶ける割合です

 

 

 

【使い方】
小皿に精油を滴下し、そこに綺麗に溶ける割合のソルブを入れます
(精油1滴に9滴のソルブ)そこに化粧水なら芳香蒸留水を少々混ぜると
乳化します
(用途によって水分はその時の基材で乳化させて下さい)

※下記の第6回の動画の中で使い方をお話していますので
参考にしてください

 

★保存期間★
3年程度保存可能。
使用期限は表示ラベルに記載。
*但し、冷暗所で保存が条件

 

 

恋香房のyoutubeチャンネルアロマキッチンでも
ソルブの使い方をお話しています

「第6回お風呂でアロマを楽しもう」
15:00 の所~下記の動画はここが開始位置です

「第12回飲めるアロマ」では11:48位の所~開始位置に合わせてあります

 

 


30年のアロマ生活の中で
人生にはその時、その環境で必要なアロマがある事を知りました
恋香房 はアロマビギナーさんと
大人世代を上質な精油でサポートしたいWEBショップです

このブログの情報はゼフィールの商品にのみ特化して
解説しております。故に他社様の商品についてのご質問等には
一切お答えできませんのでその旨ご理解ください

★★★★★★

恋香房 https://koikoubou.shop-pro.jp/

ネットが苦手が方はメール、お電話でもお受けしております(*^^*)

お問い合わせ先:koikoubou@nammy-net.com

090-3069-2892( 対応時間10:00~18:00 対応できない場合は折り返します)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★素敵なご縁をお待ちしています★

恋香房最新情報・アロマテラピー講座
または「今何をすべきかわかるの大人のためのタロット」などの・講座依頼、
恋香房へのメッセージなどもこちらのアドレスまでご連絡下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。