アロマってなに?

日頃このブログを読んでくださっている恋香房のお客様や
アロマテラピー講座の生徒さんには今更だと思いますが、
アロマってすごく広い意味で使われていますよね

アロマという言葉と一緒に検索されるキーワードに多いのが

「アロマ 意味」なのです。

なのでここでは「アロマの意味」について
書いてみました。

アロマとは香の事です
「セラピー」「テラピー」は「療法」
英語とフランス語の違いです。

 

アロマに話を戻します

例えばCM風に考えると

「コーヒーのアロマ」は「コーヒーの香り」

ですが

「アロマのような香り」?

多分この「アロマのような香り」
みたいな曖昧な表現とか
アロマテラピーで使うエッセンシャルオイルとか
雑貨屋さんにあるポプリオイルや「天然エッセンシャルオイル」

100均にもあるよね?アロマ???

そいういうのががわからずに

「アロマ 意味」で検索する人が多いのだと思います。

 

 

 

 

 

多分、「アロマ 意味」で検索する人が思っているアロマは

例えば「妊娠した人は使ってはいけない」などの注意事項があったり
逆に「生理の時の不快感を和らげてくれたり」
「眠りを誘うリラックス効果」がある「アロマ」の事をイメージしていらっしゃるのだと思います。

この太字で書いているようなアロマは
「エッセンシャルオイル=精油」と呼ばれるものです

花や実、葉から、主に水蒸気蒸留法で抽出された
100%天然のエッセンスです。

 

 

 

 

※ゼフィールの精油のラベルには学名、原産地、が明記してあります

 

100%天然とはどういう事?

100%天然とは瓶の中身がすべて文字通り100%天然という事です。

時々「純度が高い」という人がいますが「高いではななく100%天然」なのです

なので「エッセンシャルオイル配合」は配合の時点で100%天然ではありませんし「天然エッセンシャルオイル」という言葉もおかしいのです。

心や体にちゃんと作用する
アロマテラピーが出来るエッセンシャルオイル
(俗称:アロマオイル)と呼ばれるものは

天然が当たり前なので「天然アロマ」という言葉は
正確にはおかしいのですが、CMなどではイメージしやすく
そいういう使い方になっているのだと思います。

 

 

 

 

 

日本でのアロマ

日本でエッセンシャルオイルが広まりだして30年以上になりますが、
未だに日本でのアロマは雑貨扱いです。

なので雑貨屋さんや100均にある100%天然のアロマではないただの芳香剤を
アロマと呼んでもなんの罪にもなりません。

そもそも薬事法により、アロマの効能をショップで解説しては
いけない事になっていますから

今の時点ではお客様の側がちゃんとした知識を持っておく必要があるのが
日本でのアロマの現状だと思います。

それでも最近はSNSなどの普及でエッセンシャルオイルとはなんぞや?

というのが少しずつ知られるようになってきたので

エッセンシャルオイルの有名なメーカーさんもありますし
デパートなどのちゃんとしたお店は
エッセンシャルオイルを置いているのが普通になりつつありますし
少しずつですが、日本のアロマも進化しているように思えます。

 

↑このブログの内容をお話しています
チャンネル登録、いいねボタンよろしくお願いいたします。

 

↓こちらの動画の開始位置からアロマテラピーと免疫力の話をしています

 

 

※デュフューザーについて

「アロマ 機械」という検索も多いようですが、これはたぶん
アロマデュフューザーの事だと思います。

恋香房もOPEN当初はデュフューザー取り扱いをしていたのですが
どんどん新しいのが出てくるので現在は取り扱いしておりません。

 

※ショップでの効能表示についての記事はこちら

 

 


30年のアロマ生活の中で
人生にはその時、その環境で必要なアロマがある事を知りました
恋香房 はアロマビギナーさんと
大人世代を上質な精油でサポートしたいWEBショップです

このブログの情報はゼフィールの商品にのみ特化して
解説しております。故に他社様の商品についてのご質問等には
一切お答えできませんのでその旨ご理解ください

★★★★★★

恋香房 https://koikoubou.shop-pro.jp/

ネットが苦手が方はメール、お電話でもお受けしております(*^^*)

お問い合わせ先:koikoubou@nammy-net.com

090-3069-2892( 対応時間10:00~18:00 対応できない場合は折り返します)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です